親が生活保護|葬儀代金の負担について

親が生活保護を受給、葬儀代金の負担について

よくお電話で「親が生活保護を受給しているのですが、逝去した場合の葬儀代金の負担はどうなりますか?」とご相談をいただきます。

それでは、生活保護受給者の方が逝去された場合、その方の葬儀費用を、誰が葬儀代金を負担するのか詳しくご説明します。

生活保護とは

まず生活保護とはどのようなものか簡単にご説明します。

生活保護とは国・自治体が生活保護法に基づいて困窮者に対して健康で文化的な生活を保証する制度になり、資力調査をおこない困窮度合いに応じて、自立をサポートすることを目的にしています。

生活保護はあくまでも「最低限の生活を保証する制度」になりますので、生きておられる方に対して適応される制度になります。

葬儀代金の負担について

結論として、生活保護を受給されている親が逝去(死亡)した場合、子供が葬儀代金の負担することになります。自治体は葬儀費用の負担をする義務がないからです。

葬儀代金の支払いができる子供・親族がいる場合、故人が生活保護受給者であっても葬祭扶助を認めてもらうことは困難になります。葬儀費用は自己負担になります。故人が生活保護受給者=葬儀費用の負担なしではありませんので注意が必要です。

生活保護のお葬式・住居などの撤去費用について詳しくは下記からご覧ください。


火葬だけ済ませたい方

弊社では葬儀代がない、低予算で火葬だけ済ませたい方向けの火葬プランをご用意しております。葬祭扶助が認められないので、できるだけ費用を抑えて火葬を済ませたい方に最適なプランです。

火葬のみの葬儀「直葬プラン」
  • 大阪市 葬儀 直葬プラン
  • 総額 99,000円(税込)
  • 小人数向けの火葬だけの葬儀
  • 死亡届も弊社にて代行
  • お預かり安置「48時間 無料」
  • 追加料金は「火葬料」だけ
  • 大阪市民なら総額109,000円

大阪直葬サービスに電話する
大阪直葬サービスにメールで事前相談する

直葬 大阪市
大阪市営斎場
葬儀流れ
よくある質問
葬儀対応エリア
施行実績
葬祭日記
その他の葬祭プラン
サイトマップ
タイトルとURLをコピーしました