納骨 時期|火葬後すぐ納骨

納骨の時期について

納骨 時期についてご紹介するページです。

弊社でお葬式をお手伝いをした喪主様より、納骨の時期についてご質問をいただきました。火葬後すぐ納骨しても問題ないのかとのご質問です。

葬儀内容としては火葬のみの直葬での葬儀で、お寺様などは呼ばずにシンプルに小人数で火葬だけして故人をお見送りする内容でした。

まず納骨時期については決まりはありません。火葬後すぐに納骨しても問題は一切ございませんとお伝えしました。ご事情で自宅に遺骨を連れて帰れない方もいらっしゃいます。

一般的な納骨時期として

火葬後すぐ納骨することも問題ありませんが、一般的に仏式では四十九日(満中陰)・一周忌などの節目のときに納骨をされる方が多いかと思われます。

四十九日の満中陰法要、一周忌の法要で、親族が揃っているので法要を終えた足で、納骨まで済ませるといった感じでしょうか。納骨には必ず決まった時期はありませんので、お気持ちが落ち着かれてからの納骨で問題まりません。

納骨には埋葬許可証が必要

納骨には埋葬許可証が必要になります。

埋葬許可証とは分かりやすく言えば、お骨の証明証のことです。お骨上げの際に遺骨の証明書、火葬証明として喪主様にお渡しする大切な書類です。

納骨する際にお墓や納骨堂を管理者する方に埋葬許可証をお渡ししないといけません。埋葬許可証が無いと、その遺骨が誰の遺骨かが証明できないので納骨ができませんので大切に保管してください。万が一、埋葬許可証を紛失した場合は再発行の手続きが必要になりますので大切に保管ください。

納骨でお困りの方

納骨にお困りの方もご相談ください。

お墓がない・墓じまいを考えているなどで、納骨する場所がないとお考えの方も少なくありません。お墓に納骨する以外にも「樹木葬・海洋葬」など様々な納骨方法があります。自身にあった納骨をお選び頂けますのでご相談ください。


火葬のみの葬儀「直葬プラン」
  • 大阪市 葬儀 直葬プラン
  • 総額 99,000円(税込)
  • 小人数向けの火葬だけの葬儀
  • 死亡届も弊社にて代行
  • お預かり安置「48時間 無料」
  • 追加料金は「火葬料」だけ
  • 大阪市民なら総額109,000円

大阪直葬サービスに電話する
大阪直葬サービスにメールで事前相談する

直葬 大阪市
大阪市営斎場
葬儀流れ
よくある質問
葬儀対応エリア
施行実績
葬祭日記
その他の葬祭プラン
サイトマップ
タイトルとURLをコピーしました